自宅勤務で在宅コールセンター業務

2019-01-20 - 00:00 | 未分類 | No comments

育児や介護で働きに行けない人は多くいると思いますが、そうした人の中には自宅勤務できる在宅コールセンター業務を始める人もいます。
では、自宅勤務できる在宅コールセンター業務とは何でしょうか?
自宅勤務できる在宅コールセンター業務はカタログ販売などの注文受付や操作案内のテクニカルサポート、それに販売業務などがあり、研修を行っている企業もありますが、比較的に誰でも始めやすい自宅勤務です。
この在宅コールセンター業務は未経験でも始められますし、成果報酬型がメインとなっていますので高収入が期待出来てやりがいがある自宅勤務と言えるでしょう。
また、自宅という慣れた場所ですし、他の人に声を聞かれることがありませんので恥ずかしがり屋の人でも集中して業務に取り組めます。
このような自宅勤務できる在宅コールセンター業務は隙間時間でも行うことができますので、育児や介護を行っている人でも働きやすいと言えるのではないでしょうか。


自宅勤務を成功させるポイント

2019-01-13 - 00:00 | 未分類 | No comments

自宅勤務を成功させるために必要なことは誘惑に勝つことです。
そもそも自宅勤務は自分のペースで作業することができますので、いわば自由な時間があるということです。
その自由な時間が増えてしまうと頻繁に休憩してしまったり自分の好きなゲームや読書などを始めてしまうことがあります。
そうした誘惑に勝たなければ仕事を進めることができませんので生産性を維持できなくなってしまいます。
予定通り仕事が進んでいる状態なら息抜きとして休憩を入れるのは良いのですが、スケジュール通りに進んでいないときは自分をコントロールして誘惑に勝たなければいけません。
また、自宅勤務を成功させるために必要なことは同居人の理解も必要です。
業務に集中できる環境が必要となりますので、子供が騒がしくしたり仕事する場所を確保したりする協力が必要となるのです。
この他で自宅勤務に必要となるのは、業務を効率よく進めていくためのスケジュール計画と管理です。https://works.rsupport.com


株式会社パソナテックのテレワーク

2018-12-19 - 00:00 | 未分類 | No comments

インターネット分野やエンジニア分野における人材派遣、アウトソーシング事業やクラウドソーシング事業などを展開している企業に「株式会社パソナテック」という企業があります。
この企業では2000年にモバイルワークやシフト勤務を開始し、2009年には在宅勤務制度を導入してテレワークを開始しています。
そして2012年にはクラウドソーシングのプラットフォームなどを展開して時間や場所にとらわれない働き方を推奨し、2017年からはサテライトオフィスの利用を開始して時間を有効活用できる環境を整備しています。
また、テレワークの実施日数は在宅勤務は週に1~2回程度でモバイルワークは週に3~4回程度ですし、執務エリア内でのフリーアドレスを導入しています。
このようなテレワークを実施したことによって、交通機関が乱れた日でも業務に支障がありませんでしたし、自発的に実施する社員が増えてテレワークの意識向上にも繋がりました。テレワーク導入


株式会社Orbのテレワーク

2018-12-09 - 00:00 | 未分類 | No comments

インターネットを利用して消耗品や雑貨、ベビー用品や美容健康商品などを販売している企業に「株式会社Orb」という企業があり、創業当時の人手が足りないころに自宅でも仕事がこなせるようになれば人手が確保できるという考えでテレワークを導入しました。
この企業のテレワークには2種類の働き方があり、1分単位でカウントされるシステムとクラウド出社型があります。
カウントシステムは1分単位で給料が自動カウントされるようになっており、働く時間が決められない子育てや介護をする社員が喜んで利用しています。
クラウド出社型は安定して業務に取り組める社員が利用しており、自宅などにいながら管理者に作業指示をもらい、分からないことや不安があった時は画面と音声を繋げて解決することができます。
このようなテレワークを導入した結果、社員は家庭と仕事を両立させることができましたし、テレワークが認知されるようになって応募者が増えて優秀な人材の確保も実現させています。オフィスでの働き方をそのままテレワークに可能できるなRsupport Worksソリューション


株式会社Orbのテレワーク

2018-12-02 - 00:00 | 未分類 | No comments

インターネットを利用して消耗品や雑貨、ベビー用品や美容健康商品などを販売している企業に「株式会社Orb」という企業があり、創業当時の人手が足りないころに自宅でも仕事がこなせるようになれば人手が確保できるという考えでテレワークを導入しました。
この企業のテレワークには2種類の働き方があり、1分単位でカウントされるシステムとクラウド出社型があります。
カウントシステムは1分単位で給料が自動カウントされるようになっており、働く時間が決められない子育てや介護をする社員が喜んで利用しています。
クラウド出社型は安定して業務に取り組める社員が利用しており、自宅などにいながら管理者に作業指示をもらい、分からないことや不安があった時は画面と音声を繋げて解決することができます。
このようなテレワークを導入した結果、社員は家庭と仕事を両立させることができましたし、テレワークが認知されるようになって応募者が増えて優秀な人材の確保も実現させています。


株式会社Sim24のテレワーク

2018-11-16 - 00:00 | 未分類 | No comments

テレワークを導入する企業は、それぞれに解決したい課題があります。
その課題を解決するためにテレワークを導入した企業が株式会社Sim24という半導体パッケージや熱分析などの受託シミュレーションサービスを行う企業です。
この企業でテレワークを導入するきっかけとなった課題は、解析シミュレーションにおいて高度な知識をもつ人材の確保や育成が困難なことや、優秀な女性が働ける環境の整備、顧客のためのスピード化やコストの削減などです。
テレワークの導入形態は高度なシミュレーション業務を行う従業員全員が完全在宅勤務になっています。
また、株式会社Sim24は従業員が20人ということもあって、完全在宅勤務になった従業員を除くと本社には4人分の机しか必要ないため最小限のスペースを用意することが可能となっています。
こうしたテレワークを行ったことによって、転居の必要があったときでも会社と同じように働き続けることがでるのもメリットと言えるでしょう。オフィスでの働き方をそのままテレワークに可能できるなRsupport Worksソリューション


ユニリーバ・ジャパンのテレワーク

2018-11-06 - 00:00 | 未分類 | No comments

社会で認知度を高めていることの一つにテレワークがあり、在宅勤務やモバイルワーク、サテライトオフィスを利用するなどの働き方があります。
このテレワークを2016年7月から導入したのが消費財メーカーで世界トップレベルとされるユニリーバ・ジャパンです。
ユニリーバ・ジャパンのテレワークはライフスタイルを今まで通り楽しみながらも自分らしく働いて生産性を向上させられるように導入したとされています。
また、ユニリーバ・ジャパンのテレワークは全社員が対象となっており、上司へのテレワーク申請は必要となりますが、平日の6時から21時までの間なら自由に勤務時間や休憩時間を決めることができますし、理由に関係なく会社以外のカフェや図書館、サテライトオフィスなどでもテレワークすることができます。
このようなユニリーバ・ジャパンのテレワークは働く場所や時間を自由に決めることができますので利用したいと思う人も多いのではないでしょうか。


リクルートマネジメントソリューションズのテレワーク

2018-10-30 - 00:00 | 未分類 | No comments

テレワークは情報通信技術を利用して場所や時間を選ばない柔軟な働き方の一つになっており、生産性が向上することやオフィスコストの削減、優秀な人材の確保などといった効果があります。
このテレワークを導入している企業の一つにリクルートマネジメントソリューションズというリクルートグループの企業があり、2013年10月に資料作成で必要となるフォーマット化と同時にテレワークを導入しました。
また、リクルートマネジメントソリューションズでは単位時間当たりの生産性向上を実現させるためにテレワークを全社に導入していますし、高い効果へ繋げるための労働時間の短縮なども目的の一つにしています。
こうしたリクルートマネジメントソリューションズのテレワークには1日在宅型と直行直帰型があります。
1日在宅型は週2回を上限として一定級以上の従業員に限定されています。直行直帰型は営業などの外出を必要とする従業員が日数限定なしで、オフィス勤務は週2日を上限にしています。


ブイキューブのテレワーク

2018-10-19 - 00:00 | 未分類 | No comments

総務省や厚生労働省などのバックアップを受けて推進されているテレワークですが、災害時の事業継続性や情報通信技術の活用によるペーパーレス化、顧客満足度の向上といったメリットがあります。
そのテレワークを導入している企業の一つにブイキューブという情報通信会社があります。
このブイキューブはWebでのコミュニケーションを活用していますので国内各地でのサテライトオフィス活用に積極的に取り組んでおり、遠隔教育や遠隔医療などを実現させるために積極的にテレワークに取り組んでいるのです。
また、ブイキューブのテレワークはスムーズに進められる環境が整っていますし、原則として週に1回となっていますが個々の事情に合わせた面談を受けることによって週1以上のテレワークを許可しています。
こうしたテレワークの導入によって海外とも綿密なやり取りができるようになりましたので海外市場の売り上げを大幅に上げることができました。働き方改革をスムーズに実現Rsupport Works


過去最大31.9兆円要求=働き方改革、子育てに重点―厚労省

2018-10-02 - 00:00 | 未分類 | No comments

厚生労働省は8月29日、2019年度予算概算要求を自民党厚労部会に示しました。一般会計総額は、高齢化に伴う医療・介護費の増加で前年度当初予算比2.5%増の31兆8956億円と過去最大の要求額となりました。今後の予算編成では社会保障費の圧縮をめぐる調整が焦点となります。個別分野では、働き方改革や子育て支援などに重点配分したのです。高齢化などにより、自然に増加する社会保障費は6000億円を見込みました。19年10月に実施予定の保育無償化に関する費用は盛り込まず、年末に向けて調整を続けます。重点施策として、通常国会で関連法が成立した「働き方改革」分野の予算には約3800億円を配分し、時間外労働の削減といった取り組みを進める中小企業などの支援に1222億円を計上しました。社会人の学び直し機会の拡充や、外国人就労者の受け入れ拡大に向けた環境整備も推進します。子育て分野では、20年度末までに32万人の保育の受け皿確保を目指す「子育て安心プラン」に基づき、6.5万人分の受け入れ整備や、保育人材の確保へ1248億円を要求しました。遠隔勤務