「AQUOS Xx2 mini」の

2017-11-16 - 00:00 | 未分類 | No comments

片手で操作できるスマホに「AQUOS Xx2 mini」があります。
持ちやすいラウンドフォルムでクリアな背面加工がデザイン的特徴と言えます。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約66ミリ、高さ約126ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約119gという軽量コンパクトサイズになっています。
カラーバリエーションはレッド、ホワイト、ブラック、ピンク、ブルーというシンプルな5色が用意されています。
カメラは約1,310万画素のメインカメラと約500万画素のサブカメラが搭載されており、画面認証プログラムや光学式手ぶれ補正が付いていますし、サブカメラには広角レンズが採用されています。
ディスプレイは約4.7インチのIGZO液晶ディスプレイを搭載していますので映像が驚くほど美しく表示されます。
CPUはクアルコムのMSM8992 1.8GHz/1.4GHz(ヘキサコア)を搭載していますし、RAMは3GBになっていますのでサクサク動いてくれます。
バッテリーは2,810mAhという大容量バッテリーを搭載しています。
防水機能やフルセグなどが付いているのも魅力です。


「AQUOS R」のスペック

2017-11-08 - 00:00 | 未分類 | No comments

フルHDを超える高画質なディスプレイを搭載しているスマホが「AQUOS R」です。
約5.3インチのワイドクアッドHD IGZO液晶ディスプレイを搭載していますので、バックライトの消費電力を抑えながらきめ細やかで美しい描写を実現させています。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約74ミリ、高さ約153ミリ、厚さ約8.7ミリ、重さ約169gになっており、バッテリーは3,160mAhという大容量バッテリーを搭載しています。
カラーバリエーションはマーキュリーブラック、ジルコニアホワイト、ブレイズオレンジの3色が用意されています。
カメラは約2,260万画素のメインカメラと約1,630万画素のサブカメラを搭載しており、超広角レンズと高画素センサーが付いていますので広大な景色や接写も綺麗に撮影することができます。
CPUはクアルコムのMSM8998 2.2GHz/1.9GHz(オクタコア)を搭載していますのでRAMは4GBですので快適な操作で使用することができます。
セキュリティ対策では顔認証が付いていますので安全で安心です。


「HUAWEI P9 lite PREMIUM」のスペック

2017-11-01 - 00:00 | 未分類 | No comments

大容量バッテリーと大型ディスプレイを搭載しているスマホの一つに「HUAWEI P9 lite PREMIUM」というスマホがあります。
3,000mAhという大容量バッテリーでスマートな省エネ設計になっていますので電池持ちも安心です。
ディスプレイは約5.2インチでフルHDの鮮明なディスプレイになっていますし、ブルーライトをカットする目に優しいスマートバックライトが搭載されています。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約72ミリ、高さ約146ミリ、厚さ約7.5ミリ、重さ約147gという軽量コンパクトサイズになっています。
カメラは約1,300万画素のメインカメラと約800万画素のサブカメラを搭載しており、メインカメラと約500万画素のインカメラには描写に差がつくソニー製のイメージセンサーが付いています。
ボディにはアルミ合金フレームを採用していますので強度と軽量化が実現されていますし、メタルフレームにはダイヤモンドカットとサンドブラスト仕上げが施されています。
カラーバリエーションはホワイト、ゴールド、ブラックの3色が用意されています。スマホ初期化


goo Simseller、ダブルレンズカメラ搭載&DSDS対応スマホ「FR7101AK」発売

2017-09-19 - 00:00 | 未分類 | No comments

NTTレゾナントは8月24日、同社が運営する「goo Simseller」でFRONTIER(インバースネット)製Androidスマートフォン「FR7101AK」を発売しました。販売価格は2万9800円(税別)で、NTTコミュニケーションズのMVNOサービス「OCN モバイル ONE」の契約権(事務手数料相当)が付帯します。FR7101AKはダブルレンズカメラを搭載し、レンズの使い分けや撮影後のピント位置変更で一眼レフのような写真撮影が可能。ディスプレイは5.5型のフルHD(1080×1920ピクセル)ISP液晶で、デュアルSIM/デュアルスタンバイ(DSDS)に対応する。OSはAndroid 7.0、プロセッサはMediaTek製の「MTK6750T」(CPU部は1.5GHz×8コア)、メインメモリは4GB、内蔵ストレージは64GB、バッテリー容量は2000mAhとなります。OCN モバイル ONEの音声SIMを契約する場合は、分割払い(1300円×24回)での購入に対応するが、事務手数料(3000円)が別途必要で、初回請求に加算されるので注意しましょう。


ドコモのおすすめスマホ「Xperia XZ Premium」の良さとは?

2017-09-04 - 00:00 | 未分類 | No comments

スマートフォンには様々な魅力がありますので使用する人は増えていますし、新しい機種に買い替える人もたくさんいます。
音楽を聴いたり動画を見たりできますし、アプリを追加して自由にカスタマイズできるのも良いですね。
それに、簡単に友達に連絡することができますので便利ですし、分からないことがあったらどこでも検索することができますのでスッキリできるでしょう。
最近ではガラケーからスマートフォンに買い替える人も増えていますが、そうした人でも分かりやすい機種がありますので安心して買い替えることができますね。
こうした良いこと尽くしのスマートフォンの一つに「Xperia XZ Premium」というドコモのおすすめスマホがあります。
このドコモのおすすめスマホはサイズが幅約77ミリ、高さ約156ミリ、厚さ約7.9ミリ、重さ約191gという軽量コンパクトサイズになっていますので片手でも楽に操作することができるでしょう。
また、バッテリーは3,230mAhという大容量バッテリーを搭載していますので外出時も安心です。
カメラは約1,900万画素のアウトカメラと約1,300万画素のインカメラを搭載しています。
このような高性能で便利なドコモのおすすめスマホを使用して毎日楽しく過ごすのも良いと思います。


TP-Link、メッシュネットワークで家庭内Wi-Fiから死角をなくす「Deco M5」

2017-08-21 - 00:00 | 未分類 | No comments

ティーピーリンクジャパン株式会社は、「オールカバーホームWi-Fiシステム」を謳う無線LAN機器「Deco M5」を発表しました。3個セットおよび単体で発売され、3個セットは22日より発売し、単体の発売日は未定です。3個セットの店頭想定価格は33,000円前後で、単体価格は12,000円前後の見込みです。Deco M5は、IEEE 802.11ac対応無線LANルーターと中継器両方の機能を備えた製品です。独自のメッシュネットワーク技術「オールカバーホームWi-Fiシステム」により、家庭内のすみずみまで電波を届けるとしています。3台で420平方mをカバーし、最大10台までネットワークを構築できるのです。中心となるのが「TP-Link ART (アクティブルーティングテクノロジー)」で、Decoの各ユニットの位置と家庭内の全機器との接続に最適な経路を自動的に選定するということです。ストリーミング動画の視聴やゲーム、ファイルダウンロードなど、用途に応じ周波数帯をそれぞれ選定できます。MU-MIMOにも対応し、同時に複数端末と安定した接続が可能となっています。本体デザインは螺旋をモチーフにしており、シンプルなデザインとなっていて、インジケータのLEDはマルチカラーで、従来のようにいくつものLEDを備えるのではなく、1つにまとめられているのです。セキュリティ機能として「TP-Link HomeCare」も備えていて、製品保証期間である3年間は無償で提供されます。


スキャナーでの読み取りに適したノートとは

2017-08-14 - 00:00 | 未分類 | No comments

紙のノートをデジタル化する際に、最もよく使うのがドキュメントスキャナーです。理由は単純で、作業が楽だからという人も多いです。自動給紙装置が付いているモデルなら、20枚くらいまとめてスキャンできる。5分とかからないので、多少ため込んでも問題はありません。スキャンすることを前提にしたとき、重要なのがノート選びです。ドキュメントスキャナーで読み取るためには、紙が1枚ずつきれいに切り離せないと話になりません。リング式のノートだとギザギザに切れてしまいますし、ルーズリーフはスキャンしたときに穴が気になります。お薦めは「マイクロミシン目」などと呼ばれる細かい穴が開いたノートです。ハサミやカッターナイフを使わなくてもきれいに切り取れるものです。少し高くても、フランスの文房具ブランド、ロディアのメモパッドを愛用しているという人も多いのではないでしょうか。これには、ほぼ全てのノートにミシン目が入っているし、せっかくなら気持ちよく紙に書きたいと思っている人も多いと思います。もちろん他のブランドでもかまいません。ちなみにノートはスキャンした時点で捨ててしまうので、紙がたまっていくことはありません。まとまった記録を取るなど、少し大きめのノートを使いたいときは、昨年、Twitterで「おじいちゃんの方眼ノート」として話題になった中村印刷所の「水平開き方眼ノート」を使っているという人もいるのではないでしょうか。どのページでもフラットに開くのが特徴で、フラットベッドスキャナーを使うならとても便利です。スマートフォンなどで撮影する際も扱いやすいのです。


骨伝導技術を採用したワイヤレスヘッドフォン

2017-08-08 - 00:00 | 未分類 | No comments

フォーカルポイントというショップで骨伝導のヘッドフォンが発売されているそうです。名前はTREKZ TITANIUMと言うそうで、アメリカの会社の日本代理店としてフォーカルポイントが販売するとのこと。

骨伝導技術を利用しているということで、耳の穴に入れなくても音楽が聞けるので、スマホで音楽を聴いている人にとってはイヤフォンのせいで耳が痛い、という悩みからも解放されますよね。防水対応、Bluetooth 4.1準拠という機能もあるそうです。

ふと思ったんですけど、このようなヘッドフォンってAV機器であれば何にでも利用可能なんですかね^^スマホだけにしか使えないということはありませんよね?!テレビなどにも使えるのかなと。

親戚が病院に入院していた際、相部屋ということでテレビはイヤフォンを付けて視聴していました。でも、ずっとイヤフォンだと耳が痛くなるしコードも邪魔になる・・とボヤいていました。病院のテレビでBluetoothは無理だとわかりますが^^骨伝導で音を聴くということができれば、耳も痛く無くて済むんですけどね~・・。


ウェアラブル扇風機が発売に

2017-07-19 - 00:00 | 未分類 | No comments

ウェアラブルと言われると、メガネ型や腕時計型などの機器をイメージするものですが、このたびおすすめのウェアラブル扇風機というものが発売になったそうです^^何でしょ?

これはサンコーから発売されたもので、ウェアラブル爆風クーリングファンと言うそうです。価格は約2万円!えっと・・普通の扇風機よりも高いんですね^^

ではどうやってこの扇風機・・というかウェアラブル機器を使うのかと言うと、洋服の中に風を送り込んでくれるものらしいです。つまり・・外でしかも夏でも長袖などの作業着を着たまま仕事をしないといけない人向けのものなんですね。「ベルトで腰に取り付けるクーリングファンで、強力なファンで風を衣服の中に送り込んで衣服内の温度を下げる。」とあります。

また、水を入れるタンクもあり、それを利用すると水の気化熱によってさらに涼しくすることもできるそう。あ~~、これ、もっと簡易的でスマートな形状になってくれると良いのにな~♪真夏の暑さを快適に過ごせるかもしれません!


「ナビうま ハンドルリモコン」

2017-07-04 - 00:00 | 未分類 | No comments

昨今ではスマホをカーナビ代わりに活用する方も多いかと思いますが、運転中のスマホ操作は厳禁。そこで役立つのが「ナビうま ハンドルリモコン for Yahoo!カーナビ」です。休日には車でお出かけし、仕事でも車で移動する機会が多い方も多いはず。そして、自家用車にはカーナビが付いていてもセカンドカーには非搭載、さらに営業車やレンタカーがカーナビ非搭載ということも多々あります。そんな時でも、Xperiaをカーナビ代わりにすればとても便利です。Androidスマホは通常Googleマップが標準でインストールされているため、いつでも自分の位置を確認できるうえ、ルート探索もしてくれるのでとても重宝します。しかし、実際に車で運転中に使いづらいと思ったことはありませんか?Googleマップはリアルな地図アプリなこともありカーナビとしては情報が多すぎたり、いざというときに必要な情報が少なかったりと物足りないことがあります。そんな場合は、カーナビ専用アプリを使うと快適です。今回はカーナビアプリのひとつ「Yahoo!カーナビ」と専用リモコンがとても便利だったのでご紹介します。Yahoo!カーナビは、基本無料で使えるアプリで、もちろんXperiaにインストールすればいつものようにタッチ操作で使えます。しかし、実際に車のダッシュボードにXperiaを取り付けるとハンドルとの距離があるのでうまく操作できなかったり、操作を間違えてしまうことも多々あります。そんな時はハンドルから手を離さずに操作できる「ナビうま ハンドルリモコン for Yahoo!カーナビ リモコン」が必須アイテムです。ちなみに運転中のスマホ操作は危険かつ交通違反になりますので、スマホは安全な場所に停車してから操作してください。
スマホを本格カーナビにするリモコン