手になじむ「Loop Surface」デザインのXperia Xシリーズ

2017-03-29 - 00:00 | 未分類 | No comments

Xperia Xシリーズでは、本体に継ぎ目のない「Unified Design」を採用していますが、今回のドコモのビジネス向けXperia XZとXperia X Compactではさらに前面から背面まで滑らかな輪を描いたような形状の「Loop Surface」デザインを採用しました。持ったときの手のひらへのフィット感が向上しています。また、好みはあると思いますが底面がフラットになったことで握った時に手で握りやすくなりました。画面サイズがXperia X Performanceの5型から5.2型へと大型化したにもかかわらず、持ちやくなったのです。Xperia XZのアルミ製金属パネルには神戸製鋼の「ALKALEIDO(アルカレイド)」を採用し、表面のさらっとした滑らかな質感に加えて、深みのある光の反射が魅力的です。しかし、背面に金属パネルを採用したことでおサイフケータイやNFCで利用する非接触ICは本体前面に搭載されていて、モバイル非接触IC通信マークのシールが貼られています。Xperia XZとXperia X Compactのメインカメラは、従来モデルと比べて機能面で大きく進化しています。カメラの基本性能は、高感度な有効約2300万画素の1/2.3型の裏面照射積層型CMOSセンサー「Exmor RS for mobile」に、F2.0広角で24mmの「Gレンズ」を搭載。基本的なスペックはXperia X Performanceと同じでFすが、ここに新しく2つのセンサーが追加されたのです。


auのタブレット端末「Qua tab PX」はコンパクト

2017-03-13 - 00:00 | 未分類 | No comments

タブレットを使用するにあたって気になることはいくつかあるでしょう。
そうした中には扱いやすさも含まれると思います。
そんな扱いやすさを考えてあるのがauのタブレット端末である「Qua tab PX」です。
このauのタブレット端末はボディサイズが幅約124ミリ、高さ約211ミリ、厚さ約7.8ミリ、重さ約310gになっていますので、数あるタブレットの中でもコンパクトサイズになっています。
ですので、手で持ったままでも疲れにくいですし、手が小さい人でも扱いやすいと思います。
それに、カバンやバッグなどにタブレットを入れて持ち歩く人にも良いと思います。
また、カメラは約500万画素のメインカメラとサブカメラを搭載していますし、4倍の動画ズームと静止画ズームが付いていますので綺麗な画像や動画を撮影して楽しむことができるでしょう。
音楽を楽しみたい人に良いのがハイレゾ音源に対応していることです。
ハイレゾ対応のヘッドホンが必要となりますが、高音質の音楽を楽しめるので良いと思います。
ディスプレイサイズは約8.0インチという大画面になっていますので見やすいです。
バッテリー容量は4800mAhと大容量ですので長時間使用でも安心ですし、充電時間は約150分ですので素早く充電することができます。


記事を囲んで情報を簡単にデータ化!新聞スクラップ用ペン

2017-03-04 - 00:00 | 未分類 | No comments

ニュースはネットで手に入れる時代となったが、紙の新聞や雑誌の記事のすべてが流れてくるわけではなく、やはり紙は紙なりのメリットがあるのも事実だ。そこで気になる情報をクリップしておこうと、スマホ用のスクラップグッズを駆使しようと試みても、使い勝手がいまいちということが多かった。そこで便利なのがナカバヤシの新聞スクラップ用ペン『CUTPEN(カットペン)』だ。こちら付属の赤ペンで気になる新聞記事を囲み、専用のiPhoneアプリで撮影するだけで、必要な部分だけ綺麗にデータ化できる優れものなのだ。しかも、ただの画像データとして保存するのではなく、グレーの新聞紙の地色をコントラスト調整で白くし、写真・文字も画像補正を行うことで、小さなスマホ画面でも読みやすくしてくれる。さらに、近ごろ話題の人工知能(AI)を用いて記事をテキスト認識してくれ、独自のアルゴリズムによって重要なキーワードを拾い上げ、記事に関連するウェブサイトを案内してくれる『WEB連携機能』まで用意されている。データ化した記事には名前はもちろん、タグの設定、日付、コメントなどの情報も埋め込めるので検索も簡単だ。ただ単にスマホカメラで新聞記事を撮影しただけのスクラップとは一線を画すこと間違いなしだ。


町の歴史遺跡を再発見

2017-02-15 - 00:00 | 未分類 | No comments

韓国でも今ポケモンGOが人気となっていて、そのニュースも日本に届いているようです。私が目にした記事には、「町の歴史遺跡を再発見」と書かれていました。

そうです、そうです。私も「え!こんなところにこんなものが」と何度発見があったことか。しかも、毎日通っているような場所にお地蔵さまがまつられていたり、祠やお寺、神社まで。よ~く見るとあるんですよね^^

名所によってはポケストップの名前の下にその由来なども書かれているので、「へ~、ここはそんな由来の場所だったのね」と関心することも。韓国でもユーザーが、「2年間毎日行き来した道だった。ゲームがなければずっと知らなかっただろう。」と言っていたそうです。

ポケモンGOを配信しているナイアンティック社もそれが狙いなのでしょうね。町をゆっくり歩きながら、いつも素通りしていたところに、実は由緒あるお寺がひっそりとたたずんでいたり、祠がまつられていたり。海外でもきっと先人たちの想いが残っている場所がたくさんあるんでしょうね~。


読み込みスピードとメモリーの容量

2017-02-08 - 00:00 | 未分類 | No comments

SDメモリーカード(SDHCカード、SDXCカード)ですが、選ぶ際にポイントになるのは、読み込み/書き込みスピードと、メモリーの容量です。読み込み/書き込みスピードについては、以前は「クラス10・クラス4」など、業界団体が決めた速度基準があったのですが、現在、SDカードの性能の向上で、ほぼ全てが、「読み込み/書き込み10MB/秒」を達成していて、基準としてほぼ意味が無くなっています。一方、現在販売されているSDメモリーカードは、「読み込み/書き込み289MB/秒」を最速として、10MB/秒クラスまで、スピードがマチマチになっているのです。そのため、気をつけないと、低性能の商品を割高で買ってしまう危険があるので注意したいところです。特にデジタルカメラ・デジタル一眼レフカメラの場合は、性能の悪い製品を買った場合、カメラの能力を十分に発揮できません。読み込み速度が低速だと、写真や動画の記録が遅くなります。保存動作の長期化、連射撮影のストップなど使い勝手の面で不利となってしまうのです。また、デジタルビデオカメラやデジタルカメラの動画機能での動画撮影の場合は、SDメモリーカードが遅いと、コマ落ちや音飛びが発生します。また、それに伴って、読み込み/書き込み速度が遅いSDカードは、カメラのバッテリーの消費も多くなってしまうのです。 基本的に、デジカメの性能を引き出すためには、最低40MB/秒以上の読み込み/書き込みができるSDメモリーカードを選ぶべきでしょう。


虹彩認証のメリットとデメリット

2017-01-25 - 00:00 | 未分類 | No comments

虹彩認証は、コンディションにほぼ影響されない点がメリットです。例えば目の病気になった時などに認証されるかどうかですが、ものもらい、結膜炎、涙目、目薬をさした状態、花粉症で充血している状態、レーシック手術後などでも問題なく認証することができるそうです。眼鏡やコンタクトレンズでも認証はされるので基本的にコンディションを気にする必要はないと言えます。(ただしサングラス、カラーコンタクトでの認証は不可。また眼鏡の反射などは苦手です。)もっとも、虹彩認証にはデメリットもあります。当然ですが端末に目を向けなければなりません。端末を見つめなければいけないということです。「どうぜスマホを使おうとしているんだから、端末を見つめるのはデメリットにはならないだろう」という声が聞こえてきそうな気もしますが、端末を見ずにロック解除できる指紋認証に慣れた身からすると結構なデメリットなのです。指紋認証の場合、端末を手に取った瞬間に指をなぞり認証を開始すれば、端末を目の前に持ってきた時には既にロック解除されていて使える状態になっています。これに対して虹彩認証は、端末を目の前に持ってきてロック画面を見つめ、その後認証されてロック解除されるという流れです。些細なことのようですが、この差は大きいのです。言い換えれば、指紋認証では慣れてしまえば認証自体を意識しないで使えるのですが、虹彩認証だといつも認証を意識しなければならないという感じでしょうか。また、虹彩認証は歩きながらの認証は難しいです。認証される位置に目を持っていかなければならないので身体が振動している状態では認証は困難で、立ち止るしかありません。もちろん、歩きスマホはダメなのですが。


LINEモバイルのメリット

2017-01-23 - 00:00 | 未分類 | No comments

スマホの普及が進んだ現在において、今やスマホにコミュニケーションアプリ『LINE』をインストールしていない者はいないのではないでしょうか?そんなLINEがMVNO事業に参入し、『LINEモバイル』が開始されましたが、他のMVNOとはどう違うのか?気になっている方も多いでしょう。これまで多くの格安SIMが「SMSオプション」なるものを付けなければ、LINEアカウントが作れずアプリを使えない状態でした。それがLINEモバイルならSMS付プランでなくても、LINEアカウントが自由に作れるんですよ。しかもLINEアプリで使われる通信のほぼ全てがカウントフリー(無料)なのです。これはたとえ他の通信で基本プランの容量を使い切ってしまい速度制限される状態になったとしても、LINEモバイルは「LINE関連の通信は速度制限が掛からない」ということ。LINEユーザーには持ってこいの素晴らしい機能ですよね。このサービスは今のところLINEモバイルしか提供していません。LINEモバイルには、『LINEフリープラン』と『コミュニケーションフリープラン』という主要なプランが2種類あります。LINEフリープラン(容量1GB)は、LINE関連の通信がカウントフリーになるというもの。コミュニケーションフリープランは、それに加えてFacebook・ツイッター・インスタがカウントフリーとなり、もっとたくさんの容量が選べるようになるそう。料金は500円〜となります。LINEを使うなら通話オプションなどは不要だし、本当に安い!LINEアプリ同様LINEモバイルもまさに破竹の勢いで人気が出そうですね!スマホの電池を長持ちさせる方法 | Galaxy


スマホで車外から自動駐車できる技術を開発

2017-01-10 - 00:00 | 未分類 | No comments

狭い駐車場での駐車や車庫入れって難しくて嫌いです。以前、車庫入れに失敗して大切にしてた愛車が傷付いてしまった時は本気で泣きそうになりましたよ。そのような経験があるのは私だけではないはず…そんな方に朗報が入ってきました!日立オートモティブシステムズとクラリオンが、スマートフォンを使ってドライバーが自動車の外にいても自動駐車できるリモートパーキングシステムを開発したと発表したんですよ。車外から駐車できるリモートパーキングシステムは、すでにBMWの7シリーズなどで採用されていますが、スマートフォンでの操作は初。このシステムは、日立オートモティブの車両制御技術とクラリオンが提供する周辺監視カメラシステム・SurroundEyeの画像認識技術を活用しているそう。スマートフォン画面には、車両を真上から見たような視点や運転席視点の映像をリアルタイムに表示できるので、ドライバーは常に周囲の状況を把握しながら操作できるそうです。並列/縦列駐車と車庫入れが可能で、障害物や歩行者を検知すると自動で停止します。もちろん手動操作でも停止可能。自動運転技術が何かと話題になっていますが、このようなスマートフォンで出来るリモートパーキングシステムの早期実用化もあわせて期待したいところですね。


ドコモの家族紹介キャンペーン

2017-01-07 - 00:00 | 未分類 | No comments

ドコモでもこのようなキャンペーンをやっていたんですね。家族が他のキャリアの携帯電話を使っていて、ドコモに乗り換えする、あるいは新規契約すると、家族一人につきドコモポイントを10,000ポイントもらえるそうです。

対象機種となるのはドコモのスマホ、ドコモのガラケー、そしてiPhone。11月からスタートしていて来年の3月末日までが期間となっているそうです。

なお、条件がいくつかあります。まず、紹介する人がキャンペーンにエントリーすること。次に、紹介する人が「エントリー前月末の時点でドコモのご契約があり、その契約が購入月の翌月1日時点まで継続していること」、そして乗り換え、新規契約の際には対象となるスマホ、ガラケー、iPhoneのどれかを購入し、次の月の1日の時点で紹介する人と同じシェアグループにはいっている、ということの3つの条件が必要だそうです。

最初の2つはぜんぜんクリアでしょうし、3つ目のシェアグループは、ドコモのプランでも多くの人がすでに利用しているプランなので、このキャンペーンは是非活用した方が良いですよね♪


スマホ充電が不要になるかもしれません

2017-01-01 - 00:00 | 未分類 | No comments

スマホを使用していると、どうしてもスマホ充電は大事なものとなっていきます。
そのスマホ充電なのですが、これからそんな充電が不要になってくるかもしれませんよ。
それは、ウクライナ国立学士院の科学者の方が開発をしたバッテリーなのです。
このバッテリーはなんと12年ももつようになり、これから充電なんて事をしなくてもよくなるそうなのです。
このバッテリーは自分で発電をしてバッテリーを作るようになっているのです。
これから、充電をする事がなくなればもっともっとスマホ使用も便利になってきますね。
スマホの充電が不要になるなんて、夢のような話なのですがこういうのを開発されている方がいるもんなんですね。
今はスマホを必要としている方はたくさんいます。
その中で悩みとなるのが充電だと思いますね。
その充電をこれからやらなくて良くなるなんて考えるとそれだけですごいです。
また、電気自動車にも使えるようになるかもしれないとの事なのでよりすごいなと思います。
これからは、電気だって勝手に作ってくれるような時代になってくるかもしれませんね。
そんな時代になれば、家計だって出費がなくなりいいのになと考えてしまいますね。Galaxy Tab | au KDDI タブレット アンドロイド | Galaxy