5G対応スマホの「OnePlus Nord 2T 5G」とは?

2022-10-27 - 00:00 | 未分類 | No comments

“5Gスマホでは今まで以上の高画質で映像を見ることができますし、タイムラグを感じませんので離れたところで行われているライブも会場にいるような感覚で楽しめると思います。
その5Gに対応しているスマートフォンには数多くの機種がありますが、その中の一つに「OnePlus Nord 2T 5G」という5Gスマホがあり、間接照明のお店や月明かりの風景など薄暗い場所でも精細で鮮やかな写真の撮影が可能な高性能カメラや大容量かつ高速なデータ転送を行える高性能CPU、高リフレッシュレートもカバーする大きく見やすい高精細大型ディスプレイや安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約59000円でRAM12GB/256GBモデルが約75000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約73ミリ、高さ約159ミリ、厚さ約8.2ミリ、重さ約190gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはグレーとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.43インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは80Wの急速充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、リフレッシュレートが90Hzに対応していますし、Gorilla Glass5を採用していますので安心して使用できると思います。
CPUはMediaTek Dimensity 1300 3.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+超広角レンズがついた約800万画素+モノクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 12でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで接続端子はUSB Type-Cになっています。”


破格の値段で購入できるスマホ「SONY Xperia 10 II」

2022-08-05 - 00:00 | 未分類 | No comments

“SONY Xperia 10 IIはスペック、価格がすぐれているコストパフォーマンスが高いスマートフォンなのですが、近年では、SONY Xperia 10 IIのようなコストパフォーマンスが高いスマートフォンの注目度が上がってきました。
そもそも、どうしてコストパフォーマンスが高いスマートフォンは存在するのか・・・というと、今では、「スマートフォンの本体価格が安くなってきている」からです。以前までは、ミドルレンジモデルのスマートフォンであれば6万円ほど、ハイエンドモデルのスマートフォンであれば13万円ほど・・・というふうに、おなじみの価格設定がほとんど変動しませんでした。しかし今では、中華スマホとして有名なHuawei、OPPO、Xiaomiなどがコストパフォーマンスが高いスマートフォンを多数提供するようになったため、今では、スマートフォンの本体価格が下がってきているのです。
これは日本国内のスマートフォン事情も同じで、今では、ミドルレンジモデルのスマートフォンの中でも売れ筋なのが3万円台で購入できるスマートフォンです。しかも今では、5G対応モデルの販売も盛んになってきているため、少し古いモデルのスマートフォンというだけで価格破壊が起きるようになってきました。
実際にSONY Xperia 10 IIは2万円台で購入できるスマートフォンとして有名で、そのほかにも便利な特徴があるため人気です。
SONY Xperia 10 IIの特徴ですが、「幅69mmで手にフィットしやすい、トリプルカメラレンズを採用、約6.0インチの有機ELディスプレイを採用、ハイレゾ音源など音質が高いスマートフォン」という特徴があります。
そのため、日常的に音楽を聴くことが多い人、映画など動画を視聴することが多い人にはSONY Xperia 10 IIをオススメすることができます。
また、SONY Xperia 10 IIはSIMフリースマホとして販売されているため、価格が安い代わりに性能が低いのではないか・・・と思われることもあるのですが、次のとおりでスペックも悪くありません。
SONY Xperia 10 IIの詳細スペックですが、「RAMが6GB、ROMは64GB、サイズ(幅×高さ×厚さ)は約69mm×約157mm×約8.2mm、バッテリー容量は3600mAh、ディスプレイサイズは約6.0インチでFull HD+有機EL、アウトカメラは約800万画素、約1200万画素、約800万画素、インカメラは約800万画素、防水防塵機能ありで防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)、生体認証は指紋認証に対応、おサイフケータイ機能あり、SIMフリースマホあり」となります。
格安SIMフリースマホの場合、カメラ機能や性能が低い、もしくはバッテリー容量が少ない・・・などの問題が指摘されますが、SONY Xperia 10 IIはこれらの問題が見られない優秀なスマートフォンです。”


5G対応スマホの「Redmi K50」とは?

2022-06-06 - 00:00 | 未分類 | No comments

“5Gの通信速度は4Gよりもはるかに速くなっていますので、8Kなどの高画質動画も読み込みに時間がかからないこともあって多くの人が5Gスマホを使用しています。
その5Gに対応しているスマートフォンには数多くの機種がありますが、その中の一つに「Redmi K50」という5Gスマホがあり、構図をベストな状態に自動補正してくれる高性能カメラや高リフレッシュレートもカバーする大きく見やすい高精細大型ディスプレイ、高速なデータ転送を行える高性能CPUや省電力モードを有効にすれば2~3日は問題なく使える大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約45000円でRAM8GB/256GBモデルが約49000円でRAM12GB/256GBモデルが約53000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約76ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約8.4ミリ、重さ約201gといった操作しやすい薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはオーロラ、グリーン、シルバー、ブラックの4色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度QHD+ 3200 x 1440でアスペクト比20:9の約6.67インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは67Wの急速充電に対応している5500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 8100 2.85GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約4800万画素+超広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、ソニー製センサーIMX596がついた約2000万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 12(MIUI 13)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”


5G対応スマホの「Microsoft Surface Duo 2」とは?

2021-12-20 - 00:00 | 未分類 | No comments

“5Gでは今現在主流の4Gよりも性能が向上していますので、5Gに対応しているスマートフォンを使用して楽しんでいる人が増加傾向にあります。
その5Gに対応しているスマートフォンは海外でも数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「Microsoft Surface Duo 2」という5Gスマホがあり、誰でも簡単にキレイな写真が撮影できる高性能カメラや動きの激しいゲームなどでより滑らかな映像を再生する高性能CPU、いつでもどこでも見やすい高精細大型ディスプレイや旅行でも安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したハイスペッククラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約16万円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約92ミリ、高さ約145ミリ、厚さ約11ミリ、重さ約284gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはオブシディアンとグレイシアの2色が用意されています。
ディスプレイは約5.8インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電に対応している4449mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイはGorilla Glass Victusを採用していますのでいつでもどこでも安心して使用できると思いますし、リフレッシュレートが90Hzに対応していますのでストレスなく使用できると思います。
CPUはSnapdragon 888 SM8350 2.84GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルと512GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大2TBまで増設することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約1200万画素+超広角レンズがついた約1600万画素+望遠レンズがついた約1200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約1200万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーやイヤホンジャック、Surfaceスリムペン、Surfaceペン、Surface Hub 2ペンに対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”


有名メーカーのフラッグシップモデル

2021-10-22 - 00:00 | 未分類 | No comments

“今では映像美を求めているゲームがアプリゲームでも増えているため、「SONY Xperia 1 Ⅲ」のようなゲーミングスマホに注目が集まっています。
SONY Xperia 1 Ⅲの特徴は、「ワイド画面のため21:9」のアスペクト比で映像を出力できるところにあります。ワイド画面と言われてもいまひとつメリットがわからない・・・という人もおられるでしょう。ゲーミングスマホの場合、これほどのワイド画面を有していると荒野行動、PUBGのような索敵を要求されるゲームにおいて、他のスマートフォンでは味わえないような映像美、そして索敵の容易さを得られます。
しかもSONY Xperia 1 Ⅲは、120Hzの駆動ディスプレイから最大240Hzまでをサポートしているので、ゲームプレイ中の高速タッチについても、SONY Xperia 1 Ⅲであれば検出可能となっているのも魅力的です。
SONY Xperia 1 Ⅲのスペックですが、「CPUがSnapdragon 888 5G、RAMは12GB、リフレッシュレートは120hz、解像度は3,840×1,644、サウンド性能はオーディオイコライザーのHi-Resで360 Reality Audio、バッテリー容量は4,500mAh」となっています。
SONY Xperia 1 Ⅲは決して安いスマートフォンではありませんが、その代わりに今の時代では最高ともいえる性能を有しているので、価格よりも高品質なゲーミングスマホを求めている人にオススメできるスマートフォンです。
同じようなスマートフォンでは、「Apple iPhone 12 Pro」もオススメできます。Apple iPhone 12 Proは、「iPhoneシリーズの最新モデル」となりますので、フラッグシップモデルとして販売されているiPhone初5G対応端末です。
Apple iPhone 12 Proは処理能力が大幅に向上しているモデルなので、最新3Dゲームの動作でなめらかなものを探している人にオススメできます。
Apple iPhone 12 Proのスペックですが、「CPUがA14 Bionic、RAMは6GB、リフレッシュレートは60hz、解像度は2532×1170、サウンド性能は空間オーディオ再生のドルビーアトモス対応、バッテリー容量は2,815mAh」のモデルです。いまひとつすごさを感じないかもしれませんが、Apple iPhone 12 ProはSIMフリースマホに分類されるためコストパフォーマンス、クオリティを両立しているモデルで5G対応モデルであることを考えると、十二分なスペックを持つことに気づけます。
Apple iPhone 12 Proは容量が最大512GBとなっているため、最新のオンラインゲームであっても安定したダウンロードを行えるでしょう。しかもApple iPhone 12 Proはコア数が16個もあるのです。そのため、Apple iPhone 12 Proの旧モデルと比較して、処理能力が格段によくなったと評価されています。”


カメラの性能でスマホ機種を選ぶ時のポイントとは?

2021-07-24 - 00:00 | 未分類 | No comments

“スマホを選ぶ時に、カメラの性能でスマホの機種を選ぶ人は多いです。
スマホのカメラはおでかけした際の友人や家族、恋人との写真、風景や料理の写真などを手軽に撮影できます。
カメラをより身近な存在にしてくれたスマホのカメラ性能は年々進化しており、どのスマホのカメラ性能がよいのかよく分からない…という人もいるでしょう。
今回はスマホのカメラ性能の違いはどうやって見分ければよいのか、その選び方についてまとめてみましょう。
まずカメラ性能を重視してスマホを選びたい!という場合には、以下の5つのポイントを覚えておいて比較するのがおすすめです。
・画素数・解像度
カメラ性能を見る時にまずは画素数、解像度をチェックしてみましょう。
画素数とは画像を構成する画素の数のこと。pixel(ピクセル)とも呼ばれていて、ディスプレイの解像度は横×縦pixelで表示されています。
画素数が大きければ大きいほど、大きな写真を綺麗に撮影することが可能なので、引き伸ばしてプリントしても写真は綺麗なままです。
ただ画素数が大きくなればなるほどデータ容量は大きくなってしまうのでその点は注意したいですね。
ちなみに綺麗に写真を撮影したい人は2,000万画素数以上のスマホがおすすめですよ。
次に解像度です。解像度とは画素の密度のこと。
画像を表現する細かさを表していてdip(ディーピーアイ)という単位で表現されています。
解像度の数が大きくなれば画素の密度がより高くなるので精細な表現が可能で、綺麗な写真を撮ることができますよ。
綺麗な写真を撮りたい、カメラ性能にこだわりたいと言う人は画素数・解像度は大きい機種をチョイスしましょう。
・カメラの搭載数
最近発売されているスマホはデュアルカメラ、クアッドカメラ、トリプラカメラなど1つのカメラではなく、複数のカメラを搭載している機種が増えています。
搭載されているカメラの種類、組み合わせはそれぞれの機種によって異なりますが、カメラの数が増えれば、その分撮影の幅は広がるでしょう。
例えば望遠レンズが搭載されているスマホであれば、ズーム撮影をすることができ、ズームしても画質が落ちません。
また複数のカメラが搭載されていることで、一眼レフのようなボケを表現することもでき、コントラストのある色彩で写真を撮影できます。
風景などを撮影したい人、様々な表現で撮影を楽しみたい方は、複数のカメラが搭載されているスマホを選ぶとよいでしょう。
・F値(絞り)
F値とはレンズの絞りのことで、F値が小さければ小さいほど背景はぼやけ、シャッター速度が速くなります。
逆にF値が大きくなればなるほど、背景はぼやけにくくなり、シャッター速度は遅くなります。
シャッター速度が速いと、ペットや子供など動いているものを撮影する時に的確にシャッターを押すことができるのでブレにくいです。
またF値が小さいと明るく撮影できるので、夜間でも綺麗な写真を撮影できますよ。
・スマホの処理能力
スマホの機能にCPUというものがあります。このCPUはプロセッサとも呼ばれていて、CPUの性能が高ければ高いほどスマホの処理能力は高くなります。
このCPUの性能はコアとクロック周波数によって決まり、コア数が大きければ大きいほど処理速度は速まります。
クロック周波数もまた、大きいほど処理速度が速いです。
・スマホカメラの機能
スマホカメラには機種によって様々な機能があります。
手振れ補正、AIカメラ、ナイトモード、セルフィーなど便利な機能がたくさん搭載されているので、どのような機能が付いているか?を比較するとよいでしょう。
用途によって必要な機能がついているものを選ぶことができます。”オリンピック東京、がんばれ日本!ギャラクシーS21 5Gオリンピックゲームズエディション


HUAWEIのハイエンドモデルでオススメのモデル特集

2021-05-19 - 00:00 | 未分類 | No comments

“ハイエンドモデルとは、ローエンドモデル、ミドルレンジモデルとは違い、スマートフォンモデルの「最上位」を意味する言葉です。
そんな最上位ですが、HUAWEIのスマートフォンはハイエンドモデルでも、リーズナブルなものが多いため人気です。例えば、「HUAWEI P40 Pro」はハイエンドモデルの中でもトップの人気を誇っています。
HUAWEI P40 Proは、2020年6月に販売されるようになったハイエンドモデルの一種で、従来のHUAWEIのスマートフォンに比べて「カメラ機能が大幅に向上しているモデル」です。HUAWEI P40 ProはGMS非搭載のため日本では性能を活かせないとされていますが、アプリ導入によりその問題を緩和できることで有名になりました。過去モデルのスマートフォンとは比較にならないスペックを誇るため、カメラ性能が良いハイエンドモデルを探している人には、HUAWEI P40 Proがオススメです。
HUAWEIのスマートフォンの中には、「HUAWEI P30 Pro」のようにハイエンドモデルにもかかわらず、5万円前後で購入できるものもあります。性能、安さをどちらも求めている人であれば、HUAWEI P30 Proを購入されたほうが良いでしょう。
最近では、HUAWEIのスマートフォンがアメリカの制裁を受けているため、HUAWEI P30 Proもそうですが、HUAWEIのスマートフォンの新機種について良く知らない人も増えてきました。しかしHUAWEI P30 Proは、今までのモデルとは比較にならないほどのスペックを誇ります。
HUAWEI P30 Proは、2019年9月13日に販売されるようになったハイエンドモデルで、最大の特徴は「最高レベルのカメラを搭載」しているところでしょう。HUAWEIのスマートフォンはカメラに力を入れているため、あまり珍しいことではないとも言えるのですが、HUAWEI P30 Proは、「ToFレンズ(深度焦点レンズ)あり」となっているため人気です。
他にも、ハイスペックを追求されている「HUAWEI nova 5T」のようなスマートフォンも存在します。HUAWEI nova 5Tは、1万円以上のキャッシュバックキャンペーン対象になっていることもあり、今では大人気のHUAWEIのスマートフォンです。
HUAWEI nova 5Tは、P30とは違い望遠の強化がされているわけではありません。しかしHUAWEI nova 5Tは、「マクロカメラ搭載で接写能力を強化、メモリは8GB、CPUにKirin981を搭載」となっているため、他のスマートフォンを圧倒する性能を誇ります。”


安くてバッテリー容量が大きい「ASUS ZenFone 6」

2020-11-21 - 00:00 | 未分類 | No comments

“現在売れに売れているスマートフォンがあります。それはASUS ZenFone 6です。
今では、家の中ですごす時間が長くなっているため、ゲーミングスマホ仕様のスマートフォンが爆発的な人気となっているのですが、ASUS ZenFone 6は、自由度の高い大容量バッテリーありスマートフォンのため人気です。
ASUS ZenFone 6の特徴ですが、「2019年8月23日にリリースされた、ZenFoneシリーズの最新モデル、ユニットカメラのFlip Cameraは180度回転する、トリプルスロットでmicroSDの同時利用が可能、USB Type-C端子を採用、スマートキーでGoogleアシスタントを起動可能、大容量バッテリー搭載」となっています。ASUS ZenFone 6のすごいところは、他のスマートフォンでは見られない大容量バッテリーでしょう。長時間スマートフォンを利用される人の場合、充電、電池持ちを気にする人が多いため、ASUS ZenFone 6は一躍人気となりました。
ASUS ZenFone 6の仕様ですが、「本体サイズが159.1mm×約75.4mm×9.1mm、ディスプレイサイズは6.4インチ、重さは約190g」となっているので、従来のスマートフォンに比べてトレンドを取り入れたモデルとなっています。最新スマートフォンの多くは、ワイドディスプレイで多機能を売りにしていることが多いです。ASUS ZenFone 6は重さが約190gのため特別重いわけではなく、しかも、ゲーミングスマホとして使用できるほどスペックが高い長所があります。
ASUS ZenFone 6のスペックですが、「CPUがQualcomm Snapdragon 855、バッテリー容量は5000mAh、アウトカメラ・インカメラは48MP・12MP(超広角) 」のため、従来のスマートフォンよりも優れたものを探しているのであれば、ASUS ZenFone 6は、その決定版と言えるほど相性の良いスマートフォンです。
なによりもASUS ZenFone 6は、「バッテリー容量が5000mAhとかなり高い」です。ハイエンドモデルの最新スマートフォンでも、バッテリー容量は4000mAhであることが多く、これほどのバッテリー容量があるスマートフォンであれば、一日中でスマートフォンを利用できます。
しかもASUS ZenFone 6は、ASUS ZenFone 6そのものをモバイルバッテリーとして扱えるのです。これは「リバース充電対応」のスマートフォンであれば対応できるのですが、最新スマートフォンの中でも限られたスマートフォンのみ対応しているので、リバース充電対応でコストパフォーマンスに優れるものを探しているのであれば、ASUS ZenFone 6を選ばれると良いでしょう。
ASUS ZenFone 6は、クイックチャージの充電に対応しているため、「9V・2Aの18W急速充電」も可能です。”


約5万円の5G対応スマートフォン「Galaxy A51 5G」

2020-11-07 - 00:00 | 未分類 | No comments

“これから国内でも、5G通信を利用する人が増えていくのですが、その影響もあって「どの5G対応スマートフォンを購入するか」で迷っている人は多いです。今回はそんな人たちのために、5G対応スマートフォンの中でも特に優秀と言われている、Galaxy A51 5Gのすごさについてまとめてみました。
まずGalaxy A51 5Gは、「SoCがExynos 980」です。Galaxy A51 5Gといえば、こちらのSoCが何度も取り上げられているほどで、わかりやすくまとめるとミドルレンジモデルの中では破格の性能を誇っています。SoCはスマートフォンの頭脳に相当しますので、高速処理が可能となっているハイスペックスマートフォンを探している人であれば、Galaxy A51 5Gをオススメすることができます。
実際にGalaxy A51 5Gの性能をチェックしているサイトも存在し、そちらの情報を参考にすると、Galaxy A51 5Gは「Snapdragon 765Gと同程度」という結論が出ているのです。こちらのSoCは最新機種に搭載されているものと同じので、Galaxy A51 5Gは、「コストパフォーマンスに優れている」ことがわかります。スマートフォンはメモリやストレージのみで動作しているのではなく、頭脳に該当するSoCが最新であるかもチェックしないといけません。このような背景があるため、SoC、メモリ、ストレージ容量で問題のないGalaxy A51 5Gは、世界的にも評価されている機種となりました。
性能の補足ですが、Galaxy A51 5Gは「Antutuによるテストで30万点以上」という評価を受けています。30万点以上だけでは抽象的な表現となるため、他のスマートフォンと比較したのですが、その場合は「ほぼ倍以上の性能がある」ことも確認できています。これらの結果をまとめると、性能に関しては他よりも劣る可能性は低いと思って問題ありません。
また、Galaxy A51 5Gは「4眼スマホに分類される機種」でもあります。巷で話題となっている4眼レンズ、4眼スマホですが、こちらについて判断する際は、「今まではトリプルレンズが注目されていた」ことを思い出してください。本来であれば、新しいレンズを搭載することによって端末価格が高くなるのですが、Galaxy A51 5Gは、手抜き構成で知られる「超広角レンズは800万画素、マクロレンズは200万画素マクロ、深度センサーは200万画素」ではありません。それどころか、追加のレンズありでGalaxy A51 5Gは約5万円のスマートフォンなのです。
Galaxy A51 5Gは、「超広角レンズが1200万画素、マクロレンズは500万画素」となっており、しかも、従来のスマートフォンよりもさらに手ブレ補正に優れています。そのため、スマートフォンによる写真撮影、セルフィーで高性能なものを探している人にもオススメできるのです。”Galaxy A51公式サイトはこちら


スマホの「縛り」ってなに?

2020-09-30 - 00:00 | 未分類 | No comments

“格安スマホでは馴染みがないのですが、スマートフォンには「縛り」を設けているものがあるので注意してください。
縛りとは、契約上のルールを言います。スマートフォンの契約を組む際は、「1年・2年の間で契約解除できなくなる」ものを縛りと言い、こちらを破ってしまうとペナルティが発生します。
有名な縛りには、三大キャリア(docomo、au・Softbank)の「2年縛り」があり、破ってしまうと約1万円の罰金が発生するのです。こちらの料金は、人によって安い、高いの感じ方は違ってきますが、2019年10月に法律改正が行われたため、今では、「高額な契約解除料金は廃止」という決まりになっています。
そのため今では、途中契約解除となっても「ペナルティは2000円以内」のものが増えています。このように、少しずつスマートフォンの料金は見直されてきている・・・のですが、スマートフォンの契約から完全にペナルティが無くなったわけではありません。
MVNOと呼ばれる「格安スマホ」を販売している業者では、契約解除に関する案内を行っていて、完全にペナルティがない業者もいれば、1年間で縛りを設けている業者もあります。格安スマホの契約前に確認できるため、必ずチェックしてから契約を組むようにしましょう。
補足となりますが、格安スマホの契約縛りではmineo、IIJmioで、1年間の契約縛りを設けています。UQモバイル、ヤフーモバイル、楽天モバイルでは、1年間の契約縛りは無しとなっているので、近年では、契約縛り無しのMVNOが人気になってきました。
また、三大キャリアに属している「サブキャリア」ですが、縛りのペナルティについては廃止の流れになっています。ペナルティに関しては前述の案内を参考にして対応するだけで良いのですが、「MNP」と呼ばれる携帯電話番号ポータビリティには注意してください。
こちらは今でも、通常手数料という扱いで約3000円を求められるようになっています。携帯電話番号ポータビリティとは、他社で契約する際も、以前の携帯電話番号を引き継げるサービスなのですが、今では縛りのペナルティのほうが有名なため、こちらについて良く知らないという人が増えてきました。
また、格安スマホはスマートフォンの本体価格、プラン料金に優れているため、今では、スマートフォンの中でも売れ筋となっています。ですが、初期設定を自分でしないといけないルールがあるので注意してください。
その他のデメリットとしては、時間帯によってインターネットなどが利用しづらくなる、電話がつながりにくくなるなどのデメリットもあります。これらのデメリットについて納得できる人であれば、格安スマホに満足できるでしょう。
格安スマホは、中古スマホの場合に1万円を切るものが多いので、こちらの購入もオススメできます。また、初期設定を自分でしないといけないのですが、約10分ほどで設定を終えられることが多いです。”